Morc阿佐ヶ谷

MENU

TODAY24[土]

毎月1日・月曜・木曜 / サービスデー

上映作品詳細

上映作品詳細

Morc阿佐ヶ谷 > これまでの上映作品 > REVOLUTION+1

REVOLUTION+1

上映日時

3/17(金)〜4/13(木)

3/17(金)〜3/23(木) 10:00-11:20
3/24(金)〜3/30(木) 18:20-19:40
3/31(金)〜4/6(木) 10:30-11:50
4/7(金)〜4/13(木) 20:20-21:40

Ticket

一般:1300円
シニア・学生:1100円
会員:1000円

オンライン予約

公式サイト

2022年/75分/日本

◼︎監督:足立正生 ◼︎出演:タモト清嵐、岩崎聡子、髙橋雄祐、紫木風太、前迫莉亜

©REVOLUTION +1 Film partners

あの“衝撃の事件”を基に描く────

川上達也は、一人、ずっと暗闇の中で生きてきた。記憶のある明るい時間は、父が生きていた時代。普通よりは裕福な家庭で育ち、父が経営する会社も順調、優しい母、頼もしい兄と可愛い妹に囲まれて何不自由のない生活を送っていた。しかし、仕事と人間関係に疲れ果てた父の自殺からすべてが一変する。兄は癌の治療、転移よる後遺症で片目を失明し自暴自棄となり、妹は急に貧しくなった生活に戸惑い反抗的になる。達也は、目指していた大学進学の道を断念する。母は、すがる思いで統一教会に入信する。そして、父が命をかけて家族のために残した生命保険も教団の言うがままに献金を繰り返し、すべてを使い果たして、遂には自己破産をしてしまう。そんな時、母を奪い返すために教団の施設に向かった兄は、屈強な教団職員に囚われの身となる。最も親しみを感じ、頼りにしていた兄も、絶望の果てに自死する。それ以来、希望も失い暗闇のなかを彷徨っていた。自分を、家族をここまで追い込み、すべてを失わせた元凶である教団への復讐を誓う。かつて自衛隊にいたときの経験を思い出し、改造拳銃を自分の部屋に閉じこもり作り続ける、確かな目的もなく。孤独の中で達也は「僕は星になれるのか」と瞑目する。突然、元首相が、自分が育った場所に選挙応援でやってくることが知らされる。早朝、身を整理した達也は、静かに部屋を出る。

INFORMATION

  • すべて
  • 上映決定
  • EVENT
  • お知らせ